医療事務の仕事、どうして資格が必要?

医療事務の資格を取るために学歴は関係ありません。中学卒業でも受験し資格取得することができます。

 

医療事務の仕事は町の開業医から、大きな病院また介護福祉施設などの医療行為を行っている所で、レセプトと呼ばれる医師や看護師が患者に対して行った医療行為に対して、それぞれに設定してある点数を足して保健組合や自治体に起こす診療報酬の書類の作成や、カルテに検査結果や診察内容を入力すると言った仕事が主になります。

 

2010年に厚生労働省は今後の高齢化社会に向けて、医療行為を行っている病院などのセレプト、カルテに関してコンピューター化を奨励しており、それまでは資格がなくとも働けた医療事務に資格を持つ事を義務付ける施設が増えてきました。

 

しかしこの医療行為に対する資格は、技能認定振興会や医療教育財団など色々な所が出しており、そのほとんどが国家資格ではありませんが、中には受験を行うのに指定された通信教育を終了していなくてはいけないなどの、受験資格を満たさなくてはいけない物もあり、信頼性の高い資格も多くある様です。


医療事務の資格、どれが一番難しいか?

これからますます需要が増えると考えられている医療事務の仕事。医療事務の仕事は病院や介護施設などの医療行為を行っている場所で必要な仕事です。しかし医療事務にはいろいろな資格があります。

 

 

技能認定振興会が発行する医療事務管理士や、日本医療教育財団が出しているメディカルクラーク検定、いろいろな財団が出してます。このような資格は専修学校に行ったり、通信講座を受ける事で取れるものではなく、きちんと勉強して試験を受ける必要があります。

 

 

一番難しいと言われるのが診療報酬請求事務能力認定試験と呼ばれる物です。これは国家資格とは違いますが、国家認定資格と言われるもので医療事務の仕事に必要な知識である、レセプトと呼ばれる診療報酬の請求書の作成方法を始め、日本の医療制度や介護に関する行政が行っているサービス、体に関する基本的な事などが出題されます。合格率も30%と言われるものです。

 

 

最初から高いレベルの資格を取るのではなく、簡単なものから徐々にこの医療事務の資格を取って行くという方法もある様です。

医療事務の資格、専門的な知識を持っている証明

一般事務の仕事はコンピューターのスキルがあれば誰にでも出来る仕事として高い人気があります。しかしその分正社員として働くには希望者が多く狭き門と言えます。今後ますます需要が増えると見込まれている医療事務の仕事があります。この仕事を得るには医療事務の仕事を行うにおいて、必要な専門的な知識を持っているという証明に資格を持つことが一番の近道と言えるようです。

 

 

医療事務の仕事は主なものとして、医療行為を行った際に行うレセプトと呼ばれる診療報酬の請求書を作成する事です。また今後高年齢化社会に突入するとして、労働厚生省が医療事務全体のコンピューター化を奨励しており、資格を持つことでこのようなコンピューターに関するスキルを持っていると言う証明にもなります。

 

 

医療事務の勉強は専修学校、また求職者支援として自治体などが行う職業訓練校で短期のコースが組まれています。しかし学校や講義を受けて得られるものではなく、試験を受けてそれに受かる必要があります。